女性のためのセミナー企画・開催・運営コンシェルジュ イベント総合世話係 小さなスタジオ/プチブレストスタジオ運営

時代をしなやかに生きる女性のために。母乳育児子育て支援、赤ちゃん、妊産婦、女性、夫婦、家族支援

次回開催は未定

講師


たつのゆりこ(助産師・鍼灸師 お産の家 Be born院長)

講師略歴

北里大学病院(産科新生児室)
日大板橋病院(産科/ICU・CCU)
山西助産院など、大学院から助産院まで幅広い業務経験を持つ。
現在、お産の家Be born院長として出産の介護・母乳育児・妊産婦を含む女性のケア・小児治療などを行っている。
また、東洋医学を中心としたナチュラルセラピーの研究、ホリスティックな健康管理の指導などにも造形が深い。

概要

臨床の助産業務に役立てる学習・ひらめきを学ぼう
異常出血・高血圧・胎児仮死等は突然起こるものではありません。人の体と心そして自然界はとても密接な関係があります。特に産む女性の体質・気質・季節・時間帯、どんな環境で生むのかということは助産計画を立てる上で、知っておかなければならない最低条件です。なぜならそのことが異常出産を招くからです。
妊婦の体をちゃんと看ることで異常出産を事前に予測でき、予防策をとれるような助産師を目指しましょう。

講義内容


最近、切迫早産が多い、生む力がなくなってきているなどの出産傾向を感じることはありませんか?これは妊婦の身体の問題もありますが、指導する助産師の助言、指導力にも大きく影響されているのではないでしょうか?
中医学とアーユルヴェーダ医学の体質論を参考にして臨床の助産業務スキルUPと役立てる学習です。
西洋医学の観点では理解ができないことが東洋医学の観点からみると原因が明らかに分かることがあります。そして、ご自分自身の健康管理にも役立ちます。
開業助産師として、多くの分娩経験から得た知識、体験をもとに、多くの助産師さんが自信を持って助産が出来るようにと願い、観察の大切さを学ぶ場として実技も踏まえて分かりやすく解説していきますので、是非学習してください。
(動きやすい服装で参加して下さい)

ホームページ

お産の家Be born

コメント |  ペタ |  ポケット