女性のためのセミナー企画・開催・運営コンシェルジュ イベント総合世話係 小さなスタジオ/プチブレストスタジオ運営

時代をしなやかに生きる女性のために。母乳育児子育て支援、赤ちゃん、妊産婦、女性、夫婦、家族支援

Cコース ガルシャナセルフケア指導者コース 2 日間
ガルシャナのセルフケアのテクニックを教えることができるようになります。
セルフガルシャナ講座を開催することができる指導者養成コースです。
コース詳細
絹の手袋(ガルシャナ)を使ってのマッサージのセルフケアのやり方
指導するための講師養成講座  指導者コースです。

:oops: 絹のマッサージ(ガルシャナ)のセルフケアを指導されたい方
1日養成講座の主な内容
シルクの手袋を使ったマッサージのセルフケアのやり方を教えます。
1、手袋の効能
2、使い方の注意点とポイント
3、身体の部位ごとのやり方
4、セルフケアの工夫
5、家族へのマッサージ
【受講対象者】
ガルシャナセルフケア1日コース 修了者
開催日 全2日間 各日 10時~16時
日程 2016年   内容
 セルフケアのやり方
セルフケア講座のカリキュラム
指導者としてのコンセプト
活動アドバイス
指導者としてのふりかえり
開催日程 講習は原則連続2日間ですが、開催決定されている日程への変更ができます。(変更規約あり)
 日程 2/2(火)2/3(水) / 3/20(日)3/21(月祝)  / 4/22(金)4/23(土)
5/17(火)5/18(水) / 6/15(水)6/16(木) / 7/5(火)7/6(水)
9/10(土)9/11(日) / 10/4(火)10/5(水) / 11/12(土)12/13(日)
12/14(水)12/15(木)
 受講料  2日間 57,240円(税込) テキスト2冊・実技・手袋2組・認定証含む※活動される方は、別途 登録料5,000円(初回のみ)
 持ち物  セルフケアテキスト 手袋 筆記用具
 定員  最大4名
 会場 東京会場:プチブレストスタジオ地下鉄丸ノ内線「新中野駅」徒歩3分
①出口から杉山公園側を出て、
地上で、車の進行方向と同じ向きが荻窪方面です。
(※②出口からは、右方向へお進みください。)
青梅街道に沿って、荻窪方向へ真っ直ぐ歩いて約3分です。
中央5丁目交番信号の手前、
青梅街道に面した位置にスタジオがあります。
アクセス地図 ご案内図
【目的】

絹の手袋マッサージは、単にマッサージをして気持ちがいいとか
疲れが取れるとか、そういうことを目的としていません。

未病、看護、WHOの定義などを踏まえた、
からだもこころも健やかに過ごせるお手伝いをする。
そのツールのひとつが、絹の手袋(ガルシャナ)です。

未病
検査をすれば異常があるが自覚症状の無い状態の時期で、放置すると必ず病気になってしまう
そんな状態を、いち早く察知しましょう。

ナイチンゲール看護覚え書
看護がなすべきこと、それは自然が患者に働きかけるのに最も良い状態に患者を置くことである。

WHO (世界保健機関) 憲章
「健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、
すべてが満たされた状態にあることを言います



上記講座を受講された方のみ、
講師の個人セッションが
特別価格にて申込できます。(東京限定)


個人施術  *講座受講者限定
●上半身 50分 (ヘッド、バスト、背中)  ※12,960円
●全身  120分 (ヘッド、フット、ボディ、バスト、ヒップ、フェイス)  ※19,440円
●ヘッドオイルケア 30分 ※5,400円  (ヘッドだけの受付はありません)

※特別割引価格になります。

個人セッション詳細は、こちら

通常個人施術 
●全身 60分 (ヘッド、フット、ボディ、ヒップ、フェイス)      12,960円
●全身 120分(ヘッド、フット、ボディ、バスト、ヒップ、フェイス)  23,760円
●バスト  45分  10,800円
(日程・内容は、要相談後、受け付けます。)

東京会場:プチブレストスタジオ

地下鉄丸ノ内線「新中野駅」徒歩3分
①出口から杉山公園側を出て、
地上で、車の進行方向と同じ向きが荻窪方面です。
(※②出口からは、右方向へお進みください。)
青梅街道に沿って、荻窪方向へ真っ直ぐ歩いて約3分です。
中央5丁目交番信号の手前、
青梅街道に面した位置にスタジオがあります。
アクセス地図 ご案内図

※プチブレストスタジオは、カーペットの清潔なスタジオです。
気持ちよく学んでいただけるよう、お茶の無料サービスなどご用意

上記にない、日程でも2名で開催ができます。
お気軽にご相談下さい。
申込は、こちらから
指導 madame yun (越智 紫)
アーユルヴェーダセラピスト
アーユルヴェーダライター
数々の資格と経験を持ち、すぐに役立つ技術、実践で使える
テクニックとノウハウの提供を大事にしています。
講習では、とてもわかりやすい、頼れると大人気の先生です。

(絹の手袋マッサージとは?)
絹手袋を使ったマッサージの起源は5000年の歴史をもつアーユルヴェーダにあり、
絹の摩擦によって血液やリンパの流れをよくする健康法です。
このマッサージ法は日本女性の美と健康に最適なケアの一つです。
インドから伝わったアーユルヴェーダのケアでは、
絹の手袋マッサージのことを、「ガルシャナ」と言います。
(サンスクリット語で摩擦という意味です。)日本の昔から伝わる
乾布摩擦に似てますが、シルクの手袋を
必ず使うところが特徴です。絹は代謝を促す作用があると昔から言われていますので、
その手袋を使用して、全身をマッサージし適度に刺激することにより、
新陳代謝を促し、全身の筋肉やツボ(マルマ)を効果的にケアして、
血液やリンパの流れを改善していく健康法です。
◎補足
絹が出来る繭(まゆ)は蚕が自分で作った寝袋のようなもの、
この中で蚕は蛾になるまで眠りながら成長します。
絹の繭は、蚕が呼吸して出した毒素や湿気などを排出し、
外からの毒素は中に入れません。
このことから、絹を着ると身体からの排毒作用を助ける働きがあると言われています。
絹は18種類のアミノ酸を含んだ動物性繊維で、
人間の皮膚の構造と似ているため、皮膚にダメージをあたえず老化角質や
老廃物を落として皮膚を修復します。
これらのことから、絹はマッサージに適しているといわれています。
 
◎その他にも、こんなことに期待できます。
・ほどよい摩擦でむくみを解消
・新陳代謝で、冷えを改善
・便秘体質改善
・代謝アップで、消化力を上げる
・ボディラインがきれいになる
・むだ毛がとれて、肌がツルツルになる(美人肌)♪
・刺激がリンパの流れをよくする
・脂肪を燃焼させてくれる期待できます。
・皮膚にダメージを与えることもなく古い角質などを落とす
・表面の凹凸の皮膚を滑らかに整える
・疲労回復
・目の疲れ、かすみをすっきり
・頭痛、もやもやを解消
・身体の緊張緩和
・人にしてあげるときは、コミュニケーションUP
 
講師 madame yun (越智 紫) の紹介
東洋伝承医学研究所16期卒業
アドバン3期卒業
公認パンチャカルマ テクニシャン
東洋伝承医学研究所卒業
(現 日本アーユルヴェーダスクール)レイキマスター(ティチャー)
カルナレイキ(R)マスター(ティチャー)
専門家コース 16期 2002年卒業
アドバンスコース 5期 2003年卒業
ロミロミ・ヌイ セラピスト
カミムラマリコ氏主催 J.N.E.A. Aloha Spirit
ロミロミ・ヌイ コース、カヒロア コース 2001年卒業
ヒプノセラピスト
伊東治美氏主催 Women‘s ヒプノセラピスト講座卒業
他、アーユルヴェーダの心理学研究中
申込は、こちらから

コメント(0) |  ペタ |  ポケット