女性のためのセミナー企画・開催・運営コンシェルジュ イベント総合世話係 小さなスタジオ/プチブレストスタジオ運営

時代をしなやかに生きる女性のために。母乳育児子育て支援、赤ちゃん、妊産婦、女性、夫婦、家族支援

個人事業主のための開運指南セミナー
~従業員を雇う、人と接する職業の方のための~観相家~

ひとの顔には、人格をはじめ恋愛・人間関係・希望の成就・人気度・お金の出入り・
知性・災難(地震、水難、交通事故、怪我、盗難など)など、たくさんの情報がつ
まっています。自分や相手の 顔に出るサインが読めるようになれば、事前に対策を
立てることができます。
このセミナーでは、金運・財運をはじめ、商談相手の良否、適材適所の人事配置、
クライアントさんの心理状況など、仕事にすぐに役立つお顔のサインをお伝えします。
開運指南セミナー
2012年12月15日()1日セミナー 42,000円 10:00~16:00
個人顔相鑑定、日程は  こちら   12/14、15、16、17、18
【開運指南セミナーで学べる内容】

・手の見方について
経営者に適した手とは
大企業の経営者に向く人
中小企業の経営者に向く人


勤勉な人 良質な従業員の手とは
クセのある人の手
実生活に向かない人の手

観相学(人相・手相)について
『手や顔だけでなく、体全体からでる情報をみて人の運勢を判断する
立ち居振る舞い“声“眼つき“気 など』


下記の特徴を講座で教えます。
・お顔や手の見方
・人を雇うときのポイント
・顔だちによる人事、適材適所の人材配置
・雇ってよい人物、よくない人物
・上司に反抗的、恩を仇で返す人物
・理想的な事業家の顔とは
・一人自営がよいタイプ
・商談を進める時のお顔のチェックポイント
・今のお仕事の状況を判断する
・お顔に出る、人生の岐路
・お顔に現れる仕事の転機のサイン
・新しいビジネスに着手してよいか
・転職の判断
・お顔の部位で 人生で注意すべき年齢がわかる
・金運・財運
・資金繰り、収支の状況
・投資(株式)時にチェックしておきたい項目
・商談相手の良否
・詐欺師の見分け方
・注意人物
・他のお顔にまつわるビジネスに役立つ情報
観相(お顔占い:人相・手相)とは、その人の
一義的 (本質的な要素)     骨格、体質、顔形(遺伝的)
二義的                 皮膚、肉付き、血色、毛髪
三義的 (心のもちかた)     声、眼付、挙動、血色 ファッション
以上のことをみて 鑑定します。昔の人相は第一義的なものみを見て鑑定していました。
骨格や体質、これだけを見ても現在では当たりません。
なぜか?人相は心の持ち方や環境で相(顔つきなど)が変ることを見逃しているから
です
人の骨格の頭形は変わりませんが修養し改心し慎むことで、心が変化し、眼つき、挙動、血色などは変ります。これらを含めて鑑定しないと その人のことを知ることはできません。
単に顔だけの人相は階級制度が低い教養のない、修養しない人には当たりませすが
こんにちのように社会全体の教養レベルが高く、また その人が修養し、改心すると
相(顔つきなど)が変るので当たらなくなります。
したがって 本当のその人のことは第3義的な特徴をみることからわかります
この開運指南セミナーでは その人から発するすべてのものを材料にみていきます
 



 

▼会場

新宿駅より約6分  地下鉄丸ノ内線 「新中野駅」 徒歩3分
〒 164-0012 東京都中野区本町6丁目22-16 1Fご案内図
杉山公園出口改札①を出て、杉山公園側に信号を渡り
青梅街道、荻窪方面へまっすぐ歩いて信号二つ目です。
(青梅街道に面していますので、まっすぐ歩いて来てください。)
スタジオ隣に(び~どろ美容室)あり

スタジオ景観


 
 
 
城本芳弘氏の紹介  オフィシャルページ熊本県生まれ。琉球大学進学のため沖縄へ、
大学卒業後、会社員として働いていたが、以前から興味のあった占いを人のすすめもあり
勉強を続け、1991年以後本格的に占い師として開業する。
お顔占い(観相=人相・手相)を得意とする。
観相の奥儀:気血色相法を実践で使う、今の日本では貴重な存在
2010年、実業之日本社より、「ツキを呼ぶ顔 逃がす顔」を出版
2011年から、日々の鑑定の場を国際通りから那覇市壷川の事務所に移している。
2011年から、SkypeやFacetime,iChatでビデオ通信(テレビ電話)
による鑑定を始め、日本のみならず、世界中へとそのファンが広がっている。
対面での個人鑑定を行う他に、テレビ、ラジオ、携帯サイトの占いを担当、琉球放送提供の
携帯電話へ毎日メール占いの配信している。
毎朝(月~金)琉球放送ラジオ「シャキットi」出演中
毎週(土)沖縄テレビ「ウインウイン」恋占い担当
高音質のオーディオ機器による音楽セラピーやヒーリングミュージックの制作も行っている。観相家。熊本県出身、琉球大学卒、
大学卒業後社会人を経て占い師になる。
近代の観相学を体系づけた目黒玄竜子、八木喜三朗直系の弟子にあたる。観相(人
相・手相)を得意とし、特にお顔の色、気血色で占うことができる現代では数少ない
存在。テレビ・ラジオ・雑誌 の占いコラムを担当し、沖縄の兄とも呼ばれている。
21年で7万人以上の鑑定歴がある。著書「ツキを呼ぶ顔 逃がす顔」(実業之日本社)は、ツキを呼ぶ顔 逃がす顔 amazonの人相占いベストセラー・ランキングの1位をランク
 

コメント(0) |  ペタ |  ポケット