女性のためのセミナー企画・開催・運営コンシェルジュ イベント総合世話係 小さなスタジオ/プチブレストスタジオ運営

時代をしなやかに生きる女性のために。母乳育児子育て支援、赤ちゃん、妊産婦、女性、夫婦、家族支援

<学習型セミナー>
母乳育児の基本
なぜ母乳が必要だったか?

20180421大阪セミナー

 
講師 橋本武夫先生 小児科医
若楠児童発達支援センター長
講師  氏家 二郎先生   小児科医
国立病院機構福島病院院長
 
【目標】
母子支援、母乳栄養の凄さ、免疫力などの再確認
胎児の驚くべき能力、マニュアルに振り回されない支援
を再確認して支援に活かす。
 

開催日 2018年4月21日(土)
プログラム   10:00~16:00
10:00~12:00(氏家二郎先生)<母乳!なぜ母乳なのか?>
・なぜ母乳なのか?
・NICUの赤ちゃん、
・母乳栄養による罹患の低下
・母乳中の栄養素
・初乳の特徴
・免疫細胞 他
13:00~15:30
(橋本 武夫先生)<誤った情報の修正>
・今なぜ母乳育児なのか?
・母乳育児の歴史
・新生児の不思議
?胎児の驚くべき能力
・米国小児科学会に振り回された育児
・母乳育児支援は科学的根拠だけではない
・マニュアル専門家の誤解
・母乳不足の誤解

15:30~16:00  質疑応答
【開催趣旨】
今回の開催は、施設をBFHに導いたお二人の医師による開催です。
母乳栄養の凄さ!粉ミルクで救えなかった命!母子分離ではなく、
母子同室がなぜ母乳育児に必要なのか?母乳育児推進はなぜ
始まったのか?母乳栄養の必要性に気づかされた低出生体重児。
新生児医療に不可欠となった母乳栄養、そして、低出生児だけで
なくすべての赤ちゃんに母乳栄養は大切なものと、今から26年前
1992年「母乳をすすめるための産科医と小児科医との集い」が開か
れました。(現母乳シンポジウム)長い年月を経て、母乳育児推進
から母乳育児支援するという認識になり、誰でも母乳育児が当たり
前にできる世の中へ変わりつつあります。そのために、支援専門家
であれば、背景をしてしっかり知り、母乳の成分や大事なポイント
を押さえ母乳哺育支援に役立ててください。
母乳育児から母乳育児支援に広がり、思い込みや誤解をしていませんか?
母乳栄養から母乳育児、そしてEBMに当てはめきれない育児支援は
NBMと言う理解。専門家としての知識と理解を深め、母乳育児支援を
するには、知っておくべき基本学習です。このセミナーは、母乳育児支援・
母子支援に携わる医療者従事者専門家・コメディカルの方対象の内容となります。 

そして、より広く専門家に学んでいただきたいという意向から、
先生のご好意、趣意により、安価な参加費で開催できることになりました。
多くの方のご参加をお待ちいたしております。

 
 

20180421大阪セミナーは、こちらをクリックしてください。
時 間  10:00~16:00  受付 9:30~
対 象 医療従事者 助産師・看護師・医師・ 他専門家
母乳育児支援に関係する、コメディカルの方
*会場都合により赤ちゃん連れ参加はできません
参加費 1人/5500円(税別)
2人以上申込/ 1人 5000円(税別)
(講演資料含む)
1,000円
(写真付学生証提示必要)
看護・保育学校学生
定 員  90名  (先着順・入金確定優先)
会 場 大阪ドーンセンター 特別会議室
アクセス アクセスリンク
〒540-0008
大阪市中央区大手前1丁目3番49号 ドーンセンター最寄駅

電車でお越しの方へ京阪「天満橋」駅、
地下鉄谷町線「天満橋」駅1番出入口から東へ約350m。
JR東西線「大阪城北詰」駅下車。
2番出口より土佐堀通り沿いに西へ約550m。
受付の流れ
1)受付後、参加費の払込などのお返事を差し上げます。

2)ご入金確認が出来ましたら、当日の受付票をメールにてお届けします。

3)詳しくは、受付のご案内をご覧ください。

 
申込方法  受付中
HPから
申込フォーム
申込フォーム 複数名などは、備考欄にお書き下さい。
E-mail  seminar@petitbreast.com
メールでの
記入項目
①お名前 ②資格 ③年代 ④お弁当有無
⑤所属施設名 ⑥部署  ⑦郵便番号 ⑧ご住所
⑨連絡先電話番号(携帯可) ⑩メールアドレス
※すべて必須項目です。
複数名でお申し込みの場合は、
連名で①~④をご記入してください。何名様でも申込できます。
ご案内は、代表者様へお届けします。
 お知らせ  ※パソコンからの受信ができるよう、設定をお願い致します。
 



 

2017年東京で開催の様子

 

 

 

 

 

コメント(0) |  ペタ |  ポケット